コモディティ投資、取引状況の開示拡充で透明性確保を-G20研究班

20カ国・地域(G20)財務相・中央 銀行総裁会議で国際商品市況の高騰の原因を分析するG20コモディテ ー・スタディグループは4日、コモディティ市場の機能向上を促すため に、取引状況の開示拡充などによる透明性の確保が必要などとする報告 書を発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。