10月の米雇用者数は伸び鈍化、失業率は9.1%で変わらずか-BN調査

米雇用者数の伸びは10月に鈍化 したもようだ。米景気回復ペースが「いら立たしいほど緩慢」で、追 加の金融緩和が必要になる可能性をバーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長が示唆した状況を浮き彫りにするとエコノミストらは みている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。