ソニー株7カ月半ぶり下落率、TV改革で今期も純損失-格下げも

ソニーの株価が4営業日連続で大 幅下落、 一時は前営業比8.8%安と、3月15日以来7カ月半ぶりの日 中下落率を記録している。慢性的な赤字に悩むテレビ事業のリストラな どで今期(2012年3月期)純損益予想を900億円の赤字に下方修正。 4期連続の赤字が確実となり投資判断引き下げも相次いだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。