MFグローバル監査役のプライスウォーターにCFTCが召喚状

米商品先物取引委員会(CFTC) は、米ブローカー・ディーラーの持ち株会社MFグローバル・ホール ディングスの監査役プライスウォーターハウスクーパース(PwC) に対し、米商品取引所での顧客取引の資産分離に関する情報を求める 召喚状を送付した。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

召喚状は顧客勘定で行方不明になっている約6億3300万ドルに ついて情報提供を求める内容。召喚状は2日に受け取られた。情報は 非公開だとして同関係者が匿名で語った。

PwCがMFグローバルに関して最後に正式な行動を取ったのは、 5月20日の年次報告書について監査上の意見を提供したことだ。M Fグローバルは10月31日、米連邦破産法11条に基づく会社更生手 続きを申請した

PwCとCFTCの広報担当者はいずれもコメントを控えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE