大き過ぎてつぶせない29行、ゴールドマンや三菱UFJ-FSBリスト

金融安定化理事会(FSB)は4 日、システム上重要と見なされ、1-2.5ポイントの自己資本比率上 積みを求められる銀行の暫定リストを発表した。資本上積み規則は同 日、20カ国・地域(G20)首脳会議で承認された。

リストに含まれるのは29行で、米銀はゴールドマン・サックス・ グループやJPモルガン・チェースなど8行。フランスがソシエテ・ ジェネラルやクレディ・アグリコルなど4行、ドイツはドイツ銀行と コメルツ銀行の2行、英銀はHSBCホールディングス、ロイヤル・ バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)を含む4行。ア ジアからも中国銀行や三菱UFJフィナンシャル・グループなど4行 が入っている。

規制当局はいわゆるシステム上重要な銀行が破綻し、世界経済を 揺るがすような事態を防ぐため、資本上積みを求めることに合意した。 リストはそれぞれの銀行に求められる上積み幅は示していない。

FSBは電子メールで配布した声明で、銀行は「各行がデフォル ト(債務不履行)に陥った場合の影響に合わせて設定された」資本要 件を満たさなければならないとし、この措置が「世界経済に長期的に 与える恩恵は一時的な成長減速の影響よりもはるかに大きい」と論じ た。

資本上積みは昨年合意された新規則「バーゼル3」の基準に上乗 せして適用されるもので、基準は最高で9.5%になる。バーゼル銀行 監督委員会が4日公表した暫定データによれば、最大の2.5ポイント の上積みを求められるのは少なくとも4行。

FSBによれば、資本上積み規則は2016-18年末にかけて段階的 に適用される。狭義の中核的自己資本であるコアTier1について この基準を満たせない銀行は配当やボーナスの支払いに制限を課され る。

上積み対象銀行の一覧は毎年11月に、新データを使って見直され 14年の一覧に含まれた銀行がまず順守を求められる。

モルガン・スタンレーが6月のリポートで予測した25行に含まれ ていた野村ホールディングスは、今回のFSBリストには含まれなか った。

FSBのリストは以下の通り。

Bank of America Corp.
Bank of China Ltd.
Bank of New York Mellon Corp.
Groupe Banque Populaire
Barclays Plc
BNP Paribas SA
Citigroup Inc.
Commerzbank AG
Credit Suisse Group AG
Deutsche Bank AG
Dexia SA
Goldman Sachs Group Inc.
Credit Agricole SA
HSBC Holdings Plc
ING Groep NV
JPMorgan Chase & Co.
Lloyds Banking Group Plc
Mitsubishi UFJ Financial Group Inc.
Mizuho Financial Group Inc.
Morgan Stanley
Nordea Bank AB
Royal Bank of Scotland Group Plc
Banco Santander SA
Societe Generale SA
State Street Corp
Sumitomo Mitsui Financial Group Inc.
UBS AG
Unicredit SpA
Wells Fargo & Co.
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE