米国債(3日):下落、ECBが利下げ-ギリシャ懸念が緩和

米国債相場は下落。ギリシャが 救済策を拒否するとの懸念が薄れたほか、欧州中央銀行(ECB) が予想外に政策金利を引き下げたことから、米国債への逃避需要が 減退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。