米AIG7-9月期:純損益は赤字-AIA持ち分などの評価損響く

米保険会社アメリカン・インター ナショナル・グループ(AIG)の7-9月(第3四半期)決算は、 2009年以来最大の赤字となった。住宅ローン関連投資や航空機リース 部門が保有する航空機、元アジア部門の持ち分について評価損を計上 したことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。