米SECがMF債の取引を調査、インサイダー取引の有無で-関係者

米証券取引委員会(SEC)は米 MFグローバル・ホールディングスの転換社債についてインサイダー 取引の有無を調査している。事情を直接知る関係者2人が明らかにし た。同社が会社更生手続きの適用申請を行う前に、一部の投資家が内 部情報を基に転換社債を売却したかどうかを調べているという。

この問題が未公表であることを理由にこれら関係者が匿名で語っ たところによると、調査ではMFグローバル格下げの発表前に行われ た取引も焦点となっている。

MFグローバルは、欧州ソブリン債保有で損失を被るとの懸念で 監督当局から資本増強を求められた上、格下げと証拠金請求を受け、 10月31日に連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請し た。

SECのジョン・ネスター報道官はコメントを控えた。MFグロ ーバルの広報担当、ダイアナ・デソシア氏は、同社の株式と債券の値 動きについてはコメントしないのが会社方針だと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE