NY外為(3日):ユーロ上昇、ギリシャ首相が国民投票撤回を示唆

ニューヨーク外国為替市場では ユーロがドルに対して続伸した。ギリシャのパパンドレウ首相が救済 パッケージの受け入れ是非を問う国民投票の撤回を示唆したことを 受け、救済受諾が否決され同国がデフォルト(債務不履行)に陥ると の懸念が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。