ウェルズ・ファーゴCFO:増配に「楽観的」-規制当局に申請へ

米住宅ローン最大手のウェル ズ・ファーゴは増配見通しについて「楽観的」になっていると、同行 のティモシー・スローン最高財務責任者(CFO)が明らかにした。

同CFOは3日、ボストンで投資家を対象に講演。ウェルズ・フ ァーゴは増配の承認を規制当局に求める可能性が高く、自社株買いも 続ける方針だと語った。

ジョン・スタンプ最高経営責任者(CEO)の下、同行は3月に 1株7セントの特別配当を実施。第1四半期の配当支払額は合計12 セントとなった。同行はその後、12セントの四半期配当を継続して いる。四半期配当は2009年5月にそれまでの34セントから5セン トに引き下げられていた。規制当局はこれまで、バンク・オブ・アメ リカ(BOA)など一部競合銀行の増配承認を拒否している。

スローンCFOは「承認申請を心待ちにしている。事業のすばら しい成功について説明できることは多くある」とし、「増配を申請し、 一層の自社株買い継続によって株主にもっと利益を還元できるよう望 んでいる」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE