米製造業受注額:9月は0.3%増、非耐久財が押し上げ

米製造業受注額は9月に小幅増加 した。非耐久財が伸びた一方、耐久財のマイナス幅が速報値からやや 縮小した。

米商務省が3日発表した9月の製造業受注額は前月比0.3%増 加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は0.2%減だった。前月は0.1%増加(速報値0.2%減)に修正され た。

耐久財の受注は前月比0.6%減少。先月26日に発表された速報 値の0.8%減から小幅上方修正された。一方、燃料や食料品などの非 耐久財の受注は1%増加した。前月はほぼ横ばいにとどまっていた。

設備投資の先行指標となる航空機と国防を除くコア資本財の受 注は2.9%増と、前月の0.9%増から大幅な伸びとなった。両月とも 先週発表された速報値から上方修正された。

国内総生産(GDP)の算出に使用される同項目の出荷は0.9% 減少。前月は3.1%増だった。

製造業在庫は0.1%増加と、2010年5月以来の小幅な伸び。在 庫・出荷比率は1.33カ月と、過去3カ月と同水準。

米パルテノン・グループのエコノミスト、リチャード・デカーザ ー氏は統計発表前に、「製造業活動は大方増加している」と指摘。 「輸出は比較的堅調が続いており、欧州情勢に関わらず今後もその傾 向をたどると思われる。ドル安も依然として追い風だ。減税措置を受 け設備投資も拡大している」と述べていた。

してご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE