グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数が1週間ぶりの安値となっ た。香港の住宅販売減少や欧州の対ギリシャ融資先送りが嫌気された。

不動産開発のチョンコン・ホールディングス(長江実業集団、1 HK)は3.7%安。時価総額で英銀2位のスタンダードチャータード 行(2888 HK)は4%安。時価総額で欧州最大の銀行、英HSBC ホールディングス(5 HK)は2.9%下げた。原油安を受け、中国海 洋石油(CNOOC、883 HK)は3.7%安。

一方、中国最大のパソコンメーカー、レノボ・グループ(聯想 集団、992 HK)は3.2%高となった。7-9月期決算が市場予想を 上回る増益となったことが好感された。

ハンセン指数は前日比491.21ポイント(2.5%)安の

19242.50と、終値としては10月26日以来の安値となった。ハン セン中国企業株(H株)は同1.4%安の10294.92。

リンセアン・ホールディングスのマネジングディレクター、フラ ンシス・ルン氏は、ギリシャが国民投票で救済策受け入れを拒否すれ ば「われわれが目にするのはギリシャのハードなデフォルト(債務不 履行)だけでなく、ユーロ圏の分裂だ。金融メルトダウンからの心理 的影響は深刻で、修羅場になるだろう」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は3日続伸。3日発表された中国の非製造業指標で、 金融引き締め策が事業活動に悪影響を与えていることが示唆されたこ とを受け、政府が景気対策を強化するとの観測が高まった。

発光ダイオード(LED)チップメーカーの三安光電(600703 CH)は8%高。中国政府がLED業界に補助金を交付するとの観測 が投資家の間で広がった。同国最大の保険会社、中国人寿保険 (601628 CH)は3カ月ぶりの高値に上昇。国金証券が保険株を買 い推奨したことが買い材料。

中国最大の自動車メーカー、上海汽車集団(SAICモーター、 600104 CH)や中国国際航空(601111 CH)、建設会社の中国鉄建 (601186 CH)なども買われた。

ただ、不動産開発銘柄の値下がりで指数全体の上昇は限られた。 経済参考報は、資金不足に伴い国内の不動産需要が減少したと報じた。

中原証券の李俊ストラテジスト(上海在勤)は「当局による政策 の微調整の一環として、一部の銀行は融資を増やし始めたもようだ」 と指摘、「流動性が改善する見通しで、これにより相場反発が続く余 地が生まれるだろう。ただ、経済成長や利益の伸びのトレンドはなお 下向きのため、相場反転とはならないだろう」との見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比3.98ポイント(0.2%)高の2508.09と、 9月21日以来の高値。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI 300指数は同0.1%高の2744.30で引けた。

【インド株式市況】

インド株式相場は4営業日ぶりに上昇。欧州の債務危機などを協 議する20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を控え、堅調に 推移する欧州株に追随した。

時価総額でインド最大の企業、リライアンス・インダストリーズ は1.6%上げた。インド最大の発電設備メーカー、バーラト重電機は 2月以来で最大の値上がり。一方、高級車メーカー「ジャガーランド ローバー」を傘下に置くタタ・モーターズは1.8%安となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比17.08 ポイント(0.1%)高の17481.93で終了。一時は1.1%下げた。

プラティブティ・ビニヨグ(ムンバイ)のスニル・パチシア副社 長は「G20からの前向きな発表への期待で、取引遅くに相場は上昇 した」と語った。

リライアンス(RIL IN)の終値は885.90ルピー。バラート重 電機(BHEL IN)は4.3%上げ329.20ルピーと、2月14日以降で 最大の上げ。タタ・モーターズ(TTMT IN)は188.70ルピー。前 週末比では8.8%下げている。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比12.8ポイント(0.3%)安の4171.8。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比28.05ポイント(1.5%)安の

1869.96。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比138.14ポイント(1.8%)安の7460.31。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比24.71ポイント(0.9%)安の2810.04。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比8.58ポイ ント(0.6%)安の1462.37。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比8.24ポイント(0.9%)安の957.56。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比57.22ポイント(1.5%)安の

3705.81。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比50.16ポイント(1.2%)安

4210.25。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE