米労働生産性:第3四半期速報は3.1%上昇-労働コスト低下

米国の労働生産性は7-9月(第 3四半期)、今年に入り初めて前期比で上昇した。経済成長の減速を 受けて企業がコスト削減に取り組んだことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。