英マン・グループ:4-9月利益、予想ほど悪化せず-株式買い戻しへ

上場ヘッジファンド会社として 最大手の英マン・グループの4-9月(上期)決算は、欧州債務危機 の影響を受けて、税引き前利益が前年同期比で減少したものの、事前 予想ほど悪化しなかった。

3日の発表によれば、税引き前利益は1億9500万ドル(約 152億円)と、前年同期の2億2700万ドルから減少した。1カ月 前の自社見通しは約1億8500万ドルだった。

10月末現在の運用資産は約635億ドルに減少。同社最大のヘ ッジファンド「マンAHLダイバーシファイド」の運用悪化が響いた。

同社はまた、1億5000万ドル規模の自社株買い戻し計画を発 表。年内に実施し完了する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE