仏銀BNPパリバ:7-9月は72%減益-ギリシャ債評価損が響く

フランス最大の銀行BNPパリバ の7-9月(第3四半期)決算は、72%減益となった。ギリシャのソ ブリン債評価損や欧州の国債売却に伴う損失が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。