東電:福島第一原発2号機は自発核分裂-臨界状態ではない

東京電力の松本純一原子力・立地本 部長代理は3日、福島第一原子力発電所2号機で「一時的な臨界」が起 きた可能性があるとされていた問題で「自発核分裂によるもので、臨界 ではない」との見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。