日本の銀行、欧州債務危機で米国に資金移す-米アナリーCEO

日本の銀行は、欧州ソブリン債危 機に伴い米金融市場を一段と重視しつつある。米不動産投資信託(R EIT)アナリー・キャピタル・マネジメントのマイケル・ファレル 最高経営責任者(CEO)が指摘した。

ファレルCEOは2日、四半期決算発表後の電話会議で、「日本の 銀行は欧州事業を縮小し、資金と資源を米国に移している」と語った。 同CEOによれば、欧州問題への邦銀の対応に関する自身の見解は、 過去1週間半における2行との意見交換を踏まえたもの。同社は住宅 ローン債への投資でREIT最大手。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE