FOMC経済予測:成長率下方修正、失業率は来年も8%台後半

米連邦公開市場委員会(FOM C)は2日発表した経済予測で、経済成長率を下方修正し、来年第4 四半期の失業率はなお8%台後半にとどまると予想した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。