NY外為(2日):ドルは下落-FRB議長発言で追加緩和観測

ニューヨーク外国為替市場では ドルがユーロと円に対して下落。米連邦準備制度理事会(FRB)の バーナンキ議長は、必要とあれば米経済の後押しを図る一段の措置を 取ると発言。これを受けてドルの需要が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。