米財務省:四半期定例入札、総額720億ドル-変動利付債は議論中

米財務省は2日、来週の四半期 定例入札の規模について、総額720億ドル(約5兆6200億円)と 発表した。また検討中の変動利付債の発行については、議論は「初期 段階」だとする諮問委員会の報告を明らかにした。

財務省によれば、8日実施の3年債入札の規模は320億ドル、 9日の10年債は240億ドル、10日の30年債は160億ドル。

また同省は変動利付債の発行に関して、借入諮問委員会(BAC) が議論は「予備的かつ初期段階」だと報告してきたことを明らかに した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE