インド株(終了):小安い、ギリシャ国民投票方針で危機懸念強まる

インド株式相場は売り買いが交 錯した後、小安くなった。好調な消費需要でインドが世界的な経済混 乱を乗り切るとの見方はあるものの、ギリシャが同国救済策の是非を 問う国民投票実施で欧州からの支援を妨げるとの懸念は強く、それに 打ち消される格好となった。

インド最大の二輪メーカー、ヒーロー・モトコープは1週間ぶり 安値。時価総額でインド最大の企業、リライアンス・インダストリー ズは1.3%上げた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比15.98 ポイント(0.1%)安の17464.85で終了した。ヒーロー(HMCL IN)は2.3%下落し2089.35ルピー。リライアンス(RIL IN) の終値は871.80ルピー。

シン首相は、欧州債務危機が世界経済にとっての「主たる懸念材 料」に浮上したとの見解を示し、市場の信頼回復に向けてさらなる措 置が必要だと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE