保安院:採取された物質はキセノン-原子力研究開発機構が確認

経済産業省原子力安全・保安院の森 山義範・原子力災害対策監は2日に都内で会見し、東京電力・福島第一 原子力発電所2号機の原子炉格納容器内で採取された気体が放射性キセ ノンであることを確認したと発表した。独立行政法人・日本原子力研究 開発機構が最終評価を行っていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE