商社CFOが見た為替相場「介入は投機マネー抑止」「一定の円高続く」

政府・日銀は最高値を更新したドル 円相場に対して、円売り介入によって一段の円高進行に歯止めをかける 意向だ。だが、商社の最高財務責任者(CFO)は、1ドル=75円-80 円の間で推移するとの見方が多く、相場が過去1年の平均80円を超える ほどの円安に進むとは見ていない。2日までに終えた決算会見での為替 見通しを集めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。