中国株(終了):上海総合指数、6週ぶり高値-金融緩和の観測強まる

中国株式相場は上昇。上海総合指 数が6週間ぶりの高値となった。欧州債務危機や中国と米国の製造業 活動ペース鈍化を背景に、中国人民銀行(中央銀行)が景気押し上げ を狙って金融政策を緩和するとの観測が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。