テバ:7-9月期は4年ぶり減益-米国での後発薬減少響く

イスラエルの後発医薬品(ジェネ リック)メーカー、テバファーマスーティカル・インダストリーズの 7-9月(第3四半期)決算は、4年ぶりの減益となった。米国で投 入したジェネリック薬が減ったことが影響した。

同社の2日の発表資料によると、一部費用を除いた利益は前年同 期比6%減の11億1000万ドル(約870億円)、1株当たりでは1.25 ドルとなった。前年同期は11億8000万ドル(同1.30ドル)。ブルー ムバーグがまとめたアナリスト24人の予想平均である1株1.23ドル は上回った。

テバは今年、後発薬以外の事業を拡大するため、米医薬品のセフ ァロンを買収した。イスラエル・ブローカレージ・アンド・インベス トメンツのアナリスト、ナタリ・ゴットリーブ氏(テルアビブ在勤) は決算発表前にリポートで、この買収に伴う通期業績見通しの上方修 正に投資家は注目することになろうと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE