首相:ファンダメンタルズ反映してないとの趣旨-財務相の円相場発言

野田佳彦首相は2日午前の参院本会 議で、安住淳財務相が先週、国会で「1ドル=76-77円台は決して日本 にとって適正なレートではない」と発言したことについて問われ、この 発言は一方的な円高の動きが続いている中、ファンダメンタルズを反映 していないという趣旨で行ったものだと語った。小熊慎司氏(みんな) への答弁。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。