米ジェフリーズはMFグローバルにあらず、リスクテーク回避-CEO

米投資銀行ジェフリーズ・グル ープのリチャード・ハンドラー最高経営責任者(CEO)は、同行の 安定性を損ないかねないリスクテークを回避していることを明らかに し、米政府が緊急時に同行を救済しない公算が大きいことを理由に挙 げた。

ハンドラー最高経営責任者(CEO)は1日、米金融会社MFグ ローバル・ホールディングスが連邦破産法11条の適用を申請した後 にインタビューに応じ、「われわれは大き過ぎてつぶせない会社では ない事実を常に認識しており、それに従ってリスクと多角化、流動性、 資本を管理しながら経営している」と説明。「当社の資本は常に、大 口の自己勘定取引より顧客の手助けに活用してきた」と強調した。

投資家の間ではMFグローバルの経営破綻でジェフリーズが損失 を被ると懸念があり、ジェフリーズ株は今週、18%下落した。こうし た懸念の緩和を目指すジェフリーズの経営陣は今週の声明で、MFグ ローバルによる8月の3億2500万ドルの債券発行に関与した後のM Fグローバル債に絡むエクスポージャーは900万ドル未満だと言明。 ポルトガルやイタリア、アイルランド、ギリシャ、スペインの国債へ の「エクスポージャーは非常に少ない」ことを明らかにした。

ジョン・コーザイン氏率いるMFグローバルは10月25日、イタ リアとスペイン、ベルギー、ポルトガル、アイルランドの債券への63 億ドルの投資を開示。ブラッドリー・エイビロー社長によると、欧州 債務危機のあおりを受けてこれら国債保有への損失発生懸念が台頭、 監督当局からの資本増強要求、さらに、格下げ、証拠金請求と続き、 最終的に経営破綻に至った。

ジェフリーズのハンドラーCEOは「投資銀行の構築を急いだM Fは収益力を得るため大きな投資を行っていたようだ」と述べ、「ジ ェフリーズは投資銀行を20年にわたって組織的に構築している。そ れに利用しているのは既存の中核ビジネスからのキャッシュフロー (現金収支)だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE