ギリシャには緊縮財政以外の選択肢ない-EU首脳が2日に緊急会議

欧州連合(EU)首脳は2日に緊 急会議を開く。欧州債務危機克服に向けた包括戦略が合意から1週間 しかたたないうちに崩壊するのを防ぐため、支援策で求めた緊縮財政 措置以外に選択肢はないとの考えをギリシャに伝える。

政権基盤が揺らいでいるギリシャのパパンドレウ首相は、20カ 国・地域(G20)首脳会議(カンヌ・サミット)の開幕前日にカンヌ に向かうよう求められた。同首相はその場でフランスのサルコジ大統 領から、先週6日間にわたる協議での合意事項を実行することが「ギ リシャ債務問題を解決する唯一の方法」と告げられる見通しだ。

パパンドレウ首相は10月31日、議会の信任投票と包括支援策に 関する国民投票を実施する意向を突如示し、政治混乱に新たな拍車を 掛けた。世界の株式相場やユーロ、高債務国の債券相場は1日、ギリ シャが無秩序なデフォルト(債務不履行)に陥る恐れがあるとの懸念 から大きく値下がりした。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのチーフ通貨ストラテジスト、 マーク・チャンドラー氏(ニューヨーク在勤)は電子メールで、「不 透明感と恐怖感がはっきり存在する」と指摘、「緊縮財政の政治的コ ストが政策担当者や投資家に十分理解されていないようだ」と語った。

仏大統領府の発表文によれば、サルコジ大統領とメルケル独首相、 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、ラガルド国際通貨基金(IMF) 専務理事、EU当局者らは現地時間午後5時半(日本時間3日午前1 時半)ごろから協議を開始。パパンドレウ首相は午後8時半ごろに合 流する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE