中国は景気刺激策導入も、成長鈍化続けば-HSBCのキング氏

中国の経済成長鈍化が当局に景 気刺激策の導入を促す可能性がある-。英銀HSBCホールディング スのチーフエコノミスト、スティーブン・キング氏はこうみている。

キング氏は1日、北京でインタビューに応じ、「中国が7%を下 回るような成長率を望むことはないだろう」と述べ、そうした水準ま で成長が鈍化すれば、政府は景気を支える政策を導入する公算が大き いと指摘した。

9月発表のブルームバーグ調査で、世界の投資家の59%が中国 の成長率は2016年までに5%を下回ると予想。中国人民銀行(中央 銀行)がインフレ抑制で銀行融資を制限し、欧州の債務危機が輸出需 要を損ねたことから、今年7-9月(第3四半期)の中国成長率は

9.1%と、2年ぶりの低水準となった。

キング氏は、過去30年間に前例のない経済成長を達成した「中 国には何かが悪くなっているはずだという恐れが常にある」と分析。 ただ、成長率「5%という予想はあまりにも悲観的過ぎる」と付け加 えた。

中国物流購買連合会と国家統計局が1日発表した10月の製造業 購買担当者指数(PMI、季節調整済み)は、09年2月以来の低水準 を記録。キング氏は、中国が採用した引き締め措置が機能していると 説明。「今は転換点に近づきつつある」とし、追加引き締めの必要性 はなくなったと語った。

--Victoria Ruan. Editors: John Liu, Nicholas Wadhams

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Victoria Ruan in Beijing at +86-10-6649-7570 or vruan1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE