金相場予想:上位アナリスト8人、来年3月までに最高値更新見込む

金相場の見通しを最も的確に予想 したアナリストらは、9月に月間ベースでは2008年以降で最大の下げ を示した金相場が回復し、来年3月までに過去最高値を更新するとみ ている。経済成長が停滞していることに加え、欧州の債務危機が解決 されていないためだ。

ブルームバーグが集計した予想中央値によると、ニューヨークの金 先物相場は2012年1-3月(第1四半期)末までに14%上昇し1オ ンス当たり1950ドルになると見込まれている。これは、ブルームバー グが実施した過去8四半期の調査で最も的確な見通しを示した10人の うち8人の予想に基づく。2人は見通しを示すことを控えた。

金に裏付けされた上場取引型金融商品(ETP)を通じた金保有量 は10月に過去3カ月で最も大幅な増加を示した。また、11月22日ま でに金を2000ドルで購入する権利であるオプションが最も広く保有さ れている。

オーストリアのエルステ・グループ・バンクのロナルド・ストーフ ェルレ氏は「金融システム全体の信頼感が失われており、安全性が高い とみられる投資先に早急に逃避する必要がある」と指摘。「環境は金に とって完璧だ」と述べた。同氏の過去3カ月間の予想は2番目に的確だ った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE