日本株は1カ月ぶり安値、ギリシャ懸念が再燃-輸出や金融中心売り

東京株式相場は3日続落し、約1 カ月ぶりの安値。ギリシャ救済策が頓挫するとの懸念や米国経済指標 の悪化が嫌気され、自動車など輸出関連、保険や証券といった金融株 中心に幅広く売られた。米金融政策を決める連邦公開市場委員会(F OMC)が2日まで開催されており、下値を買う動きも出にくかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。