東電:2号機で「一時的な臨界」起きた可能性、ホウ酸水注入

東京電力の福島第一原子力発電所2 号機で一時的な臨界が起きた可能性があることが分かった。原子炉格納 容器内の「ガス管理システム」で1日に採取されたガスを分析した結 果、半減期の短いキセノン133(半減期約5日)とキセノン135(同約 9時間)を検出した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。