日本で人員削減へ、2年ぶりの赤字で「聖域なき改革」に挑むノムラ

野村ホールディングスは日本で人員 削減に着手する意向だ。過去2年間で初めて赤字に転落する中、打ち出 した総額12億ドル(約940億円)に上るコスト削減策の一環だ。86年の 歴史を持つ野村は母国でのスリム化に着手することになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。