債券先物が続伸、ギリシャ債務懸念再燃で買い先行-長期金利1%割れ

債券先物相場は続伸し、4営業日 ぶり高値圏で推移した。ギリシャ債務問題をめぐる懸念が再び高まり、 株安・債券高となった米国市場の流れを引き継いで買いが先行した。 国内株安を受けて、長期金利は4営業日ぶりに1%を割り込んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。