【クレジット市場】サムスンに劣勢のソニー、体力差映すCDS

クレジット・デフォルト・スワ ップ(CDS)市場で、アジアを代表する家電メーカーのソニーと 韓国サムスン電子の格差が広がっている。為替の円高・ウォン安を 背景にした製品競争力、成長著しいスマートフォン(多機能携帯電 話)市場への展開力などで、ソニーの劣勢が投資家に警戒されてい るためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。