アイスランド中銀:政策金利を引き上げ-債務危機から通貨防衛

アイスランド中央銀行は2日、 3カ月余りで2回目の利上げに踏み切った。欧州債務危機の深刻化に 伴う市場混乱から通貨クローナを防衛するための措置。

アイスランド中銀は政策金利の7日物担保付貸出金利を4.75% と、従来の4.5%から引き上げた。同中銀は同国銀行システムが 2008年に実質破綻して以来初の利上げに8月に踏み切った後、9月 は据え置いていた。ブルームバーグがまとめたエコノミスト3人の調 査では、今月は据え置きが見込まれていた。

中銀は金融政策発表後の声明で、政策金利は「経済見通しに鑑み て総じて適切であるようだ」と説明。アイスランドの「景気回復は継 続しているが、世界的には減速し、不透明感が高まった」と付け加え た。

クローナの対ドル相場はレイキャビク時間午前9時16分(日本 時間午後6時16分)現在、前日比0.4%高の1ドル=114.92ク ローナで推移している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE