NY銅:12.95セント安の3.5025ドル-ギリシャ国民投票への懸念で

1日の銅先物相場は約2週間ぶりの 大幅安。ギリシャで包括的支援策に関する国民投票が予定されているこ とから、欧州債務危機が悪化し、銅需要の見通しに悪影響が出るとの懸 念が強まった。

中国の10月の製造業購買担当者指数(PMI)が2009年2月以来の 低水準となったことも下げ材料。24の原材料で構成する米スタンダー ド・アンド・プアーズ(S&P)のGSCI指数は3営業日連続で低下 した。

バードモント・キャピタル(パナマ)のスコット・ガードナー最高 投資責任者(CIO)は電子メールで、「市場は肝心なものがほとんど ない欧州政策当局者の計画のための計画にうんざりしている」と指摘。 「最終的には市場は政策当局者に困難な決定を強いるほどの反乱を起こ すだろう」との見方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限終値は前日比3.6%安の1ポンド=3.5025ドル。中心限月とし ては10月20日以来の大幅下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE