世銀総裁:欧州は自力で危機解決を-中国の「特効薬」期待せぬよう

世界銀行のゼーリック総裁は1 日、ユーロ圏は債務危機への対応について合意することで「幾らか時 間を稼いだ」と述べ、危機は欧州が自力で解決しなければならないと の認識を示した。

フランス・カンヌで3、4両日開催される20カ国・地域(G20) 首脳会議(サミット)を前にした記者団との電話会議で、ゼーリック 総裁は「域外から誰かがやってきて救済してくれると考える」のは間 違いだと言明。欧州は危機からの脱出で中国からの「特効薬」を期待 したり、主な負担に耐えてくれる新興国を探すべきではないと釘を刺 した。

ゼーリック総裁は欧州首脳は先月の危機解決策合意で「幾らか時 間を稼いだ」が、問題はその時間の使い方だと指摘。「まだやること がたくさんある」と述べ、「市場は信頼感の持続的な改善を求めてい る」と話した。

総裁はさらに、市場の注目はG20サミットがいかにして支援の 協調メッセージを送れるかにも向けられると指摘。ギリシャが国民投 票で欧州の救済合意を否決すれば「大混乱」が生じるほか、「G20 が上らねばならない坂を一段と急にする」との見方も示した。

総裁はG20に必要なこととして、ユーロ圏から波及した影響へ の対応や、成長促進と雇用加速の議題、景気減速に直面する先進国向 け支援に世銀や国際通貨基金(IMF)といった国際機関を活用する 方法の検討を挙げた。同時にG20は、世界の成長の主要な源となっ ている新興国の役割拡大も認識しなければならないと続けた。

ゼーリック総裁は「世界経済は依然としてふらついている」と述 べ、勢いが維持されなければ「あっという間に傾きかねない」と警告 した。

-- Editors: Kevin Costelloe, Gail DeGeorge

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 蒲原桂子 Keiko Kambara +44-20-7330-7949 kkambara@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Shobhana Chandra in Washington at +1-202-654-1888 schandra1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

%EUR %USD %JPY

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE