10月米ISM製造業景況指数:50.8に低下-生産減速、在庫圧縮

10月の米製造業は、前月から拡大 ペースが鈍化した。在庫がここ1年で最大の縮小となったほか、生産 も減速した。一方、新規受注は半年ぶり高水準となった。

米供給管理協会(ISM)が発表した10月の製造業景況指数は

50.8と、前月の51.6から低下した。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト予想中央値は52への上昇だった。同指数では50 が製造業活動の拡大と縮小の境目を示す。

項目別では、生産指数は50.1と、2009年5月以降では2番目に 低い水準。9月は51.2だった。一方、新規受注は52.4と、4カ月 ぶりに拡大圏に浮上した。

在庫は46.7と、10年1月以来の低水準に落ち込んだ。前月は52 だった。顧客在庫は43.5で5カ月ぶり低水準。

輸出は50と伸びが停止した。これは景気後退が谷を形成した09 年6月以来の低水準(前月53.5)。

仕入れ価格指数は41に低下し、09年5月以降で初めて縮小圏に 転じた。前月は56だった。

雇用は53.5と、前月(53.8)からほぼ変わらずだった。

クしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE