伊、緊縮策の早期適用を表明-ベルルスコーニ首相がカンヌで説明へ

イタリア政府は1日、経済成長 の促進と債務削減へ向けた新たな措置の実施を急ぐと表明した。イタ リア国債の利回りはユーロが導入された1999年以後の最高に達した。

政府当局は電子メールで、「必要とされる断固たる決意と厳密さ、 緊急性をもって政府決定を適用していく」との声明を発表。これによ れば、同国政府は措置施行の準備を進めており、ベルルスコーニ首相 はフランスのカンヌで今週3日から開催される20カ国・地域(G20) 首脳会議で同措置について説明する予定。

ユーロ圏の債務危機波及を阻止するため、イタリア政府は1000 億ユーロ(約10兆6741億円)超の緊縮策を発表。ベルルスコーニ 首相は先週の欧州連合(EU)首脳会議で、年金受給年齢の引き上げ や解雇基準の緩和、公的資産売却の促進策を含む一連の措置実施に関 する計画を提示した。

ロンドン時間午後0時40分現在、イタリア10年債利回りは前 日比19ベーシスポイント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇の

6.26%。独10年債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)はユー ロ導入以降で最大の448bpに達した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE