欧州の銀行、人員削減を強化-債務危機が「豊かさの時代」終わらせる

欧州の銀行は人員削減を強化し ている。域内の債務危機で収入が抑制される一方で当局に資本強化を 求められ、銀行はスリム化を余儀なくされている。

スイス2位の銀行、クレディ・スイス・グループは1日、約 1500人を削減すると発表。7月に発表した2000人削減計画に追加 した。デンマーク最大の銀行、ダンスケ銀行も同日、2000人を削減 する計画を明らかにした。英銀バークレイズのロバート・ダイアモン ド最高経営責任者(CEO)は10月31日に、今年これまでに 3500人を削減したとした上で、この傾向は続くと述べた。

欧州の銀行は債務危機で業績が圧迫されるほか、自己資本比率引 き上げのため資産を圧縮する必要があることから、一段の人員削減を 迫られる可能性がある。ブルームバーグのデータによれば、西欧の銀 行は今年既に人員を8万6273人減らしているが、これは北米の銀行 が削減した3万6951人の2倍を超えている。

幹部人材あっせん会社パーセルの創業者のジョン・パーセル氏は、 「豊かな時代はとっくに、しかも完全に終わっている」として、「旧 式のモデルとその根底にある考え方が根本的に見直されている。数十 年に一度の試練の時代だ」と語った。

クレディ・スイスとUBS、ドイツ銀行、バークレイズは既にリ スク加重資産を合わせて最大4150億ドル(約32兆5000億円)減 らすことを計画している。各社の届け出が示した。銀行資本の新規則 「バーゼル3」に沿うためだ。

「追加削減は必至」

メディオバンカのアナリスト、クリストファー・ウィーラー氏 (ロンドン在勤)は「環境の悪化と、現在の市場と経済の悪い状態が 長期化する見通しに銀行は先手を打って対応しようとしており、さら なる人員削減は必至」と述べた。

クレディ・スイスのブレイディ・ドゥーガン最高経営責任者(C EO)はこの日、市場の不安定は2008年の危機時と「同様だ」と述 べた。

7-9月(第3四半期)が予想以上の幅の赤字になった野村ホー ルディングスも1日、コスト削減を加速させる方針を示した。渡部賢 一社長は欧州のホールセール事業の縮小に焦点を置くと語った。

ドイツ銀行のステファン・クラウス最高財務責任者(CFO)は 10月25日、悪環境が長引く場合は「プラットフォーム」の調整を 継続すると述べた。同月にドイツ銀は500人の人員削減について発 表していた。スイスのUBSのトム・ナラティルCFOは同じ日に、 投資銀行部門の再編は同部門の人員減少につながる公算があると述べ た。JPモルガン・チェースのアナリスト、キアン・アボホセイン氏 は、UBSが投資銀行部門で約1700人を追加削減する可能性がある と指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE