インド株(終了):2週ぶり大幅安-欧州の危機対応策の詳細見極め

インド株式相場は2週間ぶり大 幅安となった。欧州の救済基金拡充策の詳細を見極めようとする意向 が強く、国内製造業の生産の伸びや企業業績の改善などのプラス要因 を打ち消す格好となった。

時価総額でインド最大の企業、リライアンス・インダストリーズ は1週間ぶり安値となった。国内最大の産銅会社、スターライト・イ ンダストリーズは続落。インド最大のエンジニアリング会社、ラーセ ン・アンド・トゥブロは1.6%下げた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比224.18 ポイント(1.3%)安の17480.83と、先月18日以降で最大の値 下がりとなった。

リライアンス(RIL IN)は1.9%下落し860.60ルピーと、 先月24日以来の安値を付けた。スターライト(STLT IN)は

3.2%安の123.30ルピー。ラーセン(LT IN)の終値は

1390.05ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE