英国:7-9月GDP速報、0.5%増-サービス・製造業が回復

英経済は7-9月(第3四半期) に事前予想を上回るペースで拡大した。製造業やサービス業の持ち直 しが寄与した。

英政府統計局(ONS)が1日発表した第3四半期の国内総生産 (GDP)速報値(季節調整済み)は前期比0.5%増。4-6月 (第2四半期)は0.1%増だった。ブルームバーグがまとめたエコ ノミスト36人の調査中央値では0.3%増が見込まれていた。GD Pは前年同期比でも0.5%増加した。

同日発表された10月の製造業生産指数は予想に反して落ち込ん だ。経済が10-12月(第4四半期)に入ってからも引き続き脆弱 (ぜいじゃく)であることが示された。

欧州債務危機で英国がリセッション(景気後退)に逆戻りするリ スクが高まる中、イングランド銀行(英中央銀行)は先月に量的緩和 策を約2年ぶりに拡大。英政府も融資拡大策に取り組んでいる。英中 銀の金融政策委員会(MPC)のフィッシャー委員は、景気が拡大ペ ースを維持できない恐れがあり、第4四半期に停滞する可能性がある との見解を示している。

スコシア・キャピタル・ヨーロッパの英国担当チーフエコノミス ト、アラン・クラーク氏(ロンドン在勤)は統計発表前、「拡大ペー スが続くとは思えない」と述べ、「堅調さは一過性となる公算が大き い。第2四半期の伸びが抑制されたことに伴う反動だ」と続けた。

製造業指数

英国購買部協会(CIPS)が発表した10月の製造業PMI指 数は47.4と、9月の50.8(改定値)を下回った。ブルームバー グが市場関係者を対象にまとめた調査中央値は50だった。

ONSによると、7-9月期にサービス業は0.7%増、鉱工業 生産は0.5%増えた。サービス業では金融業と企業向けサービス業 が0.8%増と、金融危機発生直前の2007年7-9月期以降で最大 の伸びとなった。

英中銀は次回MPCを9-10日に開催する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE