ソシエテなど欧州銀行株が急落-ギリシャ国民投票で救済頓挫を懸念

1日の欧州株式市場で銀行株が 急落。ギリシャのパパンドレウ首相が欧州の救済パッケージについて の国民投票や議会での信任投票実施の方針を示したため、救済が頓挫 しデフォルト(債務不履行)につながるとの懸念が浮上した。

フランスのソシエテ・ジェネラルとコメルシアル・ポルトゲース 銀行が12%安。ドイツのコメルツ銀行は9.6%安を付けた。ブルー ムバーグ欧州銀行金融サービス指数は4.8%安。46銘柄全てが下落 している。

欧州の首脳らは先週、ギリシャの債務減免などを盛り込んだ救済 策で合意した。

ウェストLBのアナリスト、ゲオルグ・カンデルス氏は「残念だ」 として、「市場はギリシャ救済パッケージを受け入れ始めていたのに、 ギリシャが望まないのでは救済策が役に立たなくなってしまう」と話 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE