福島第一原発作業員の被ばく線量限度、100ミリシーベルトに引き下げ

厚生労働省は1日から、東京電力・ 福島第一原子力発電所で働く作業員の被ばく線量限度を250ミリシーベ ルトから100ミリシーベルトに引き下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。