中国株(終了):小幅反発も値下がり目立つ-製造業PMIを嫌気

中国株式市場では、上海総合 指数が小幅上昇したものの、値下がり銘柄数が値上がりを上回っ た。同国製造業活動を示す指数の低下が嫌気された。

セメントメーカーの安徽海螺水泥(600585 CH)は0.8% 安。鉄鋼メーカーの宝山鋼鉄(600019 CH)は0.4%安。中国 物流購買連合会と国家統計局がこの日発表した10月の製造業購 買担当者指数(PMI)は50.4と、2009年2月以来の低水準 となった。

中国2位の不動産開発会社、保利房地産集団(600048CH) は3.5%安で、2週間ぶりの大幅下落。不動産ウェブサイトを運 営する捜房網が、中国の10月の住宅価格が2カ月連続で下落し たと発表したことを受け、同業最大手の万科企業(000002 CH) も3%安となった。

一方で中国人寿保険(601628 CH)は2.3%高。株式相場 が回復すれば増益につながるとのUBSの指摘が手掛かりとな った。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏は「PMIの低下は 投資家の信頼感を損ない、10-12月(第4四半期)の企業業績 が予想よりも悪いとの懸念を再燃させる可能性がある」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に 連動する上海総合指数は前日比1.77ポイント(0.1%)高の

2470.02。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は 同0.1%高の2697.53で終了した。

--Zhang Shidong . With assistance Xie Ye in New York. Editors: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 松井 玲 Akira Matsui +81-3-3201-7540 Akmatsui@bloomberg.net  Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE