野田首相:日銀の国債直接引き受けは金利上昇に-国会答弁

野田佳彦首相は1日午後の衆院本会 議で、日銀が国債を直接引き受ければ金利が上昇する可能性があると述 べ、直接引き受けに否定的な考えをあらためて示した。また、日銀法改 正により、政府に総裁の解任権を付与することについては慎重に考える 必要があると述べた。為替市場の円高については、10%の円高が1年間 続けば国内総生産(GDP)を0・19%程度押し下げる効果があるとの 試算を紹介した。渡辺喜美氏(みんな)への答弁。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。