クレディ・スイス:1500人追加削減へ-証券部門は7-9月に赤字

スイス2位の銀行、クレディ・ス イス・グループは1日、従業員約1500人を追加削減し、証券部門の 再編を実施すると発表した。同部門は四半期ベースで2008年以来と なる赤字を計上した。

クレディ・スイスの発表によれば、7-9月(第3四半期)の純 利益は前年同期比12%増の6億8300万スイス・フラン(約605億 円)。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト12人の予想 の9億7900万フランを下回った。

ブレイディ・ドゥーガン最高経営責任者(CEO)は同四半期に ついて、「高い不透明感」と「厳しい」環境を指摘した。同行は7月 に既に2000人の削減計画を明らかにしている。

投資銀行部門の第3四半期税引き前損益は1億9000万フランの 赤字。前年同期は3億9500万フランの黒字だった。プライベートバ ンク部門の利益は78%減少し1億8300万フラン。ドイツと米国で の税関連の訴訟費用4億7800万フランの引き当てが響いた。資産運 用部門の利益は32%減の9200万フラン。

ドゥーガンCEOは発表資料で、「現在見られる経済成長の弱さ と低金利環境、規制強化の動きは長期化すると考えている」とし、 「顧客活動の低水準とトレーディング環境の不安定さも続く公算が大 きい」との認識を示した。

発表によると、人員削減計画は従業員数を13年末までに現在の 5万700人からほぼ7%減らすもので、年間約20億フランの経費節 減につながる見込み。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE