富士重:中国の重要性に変わりない、合弁実現に向け引き続き努力

富士重工業の吉永泰之社長は1日 の決算会見で、中国で申請している合弁生産会社の設立について、現 地での生産、事業の重要性に変わりなく、実現に向けて努力を続けて いると語った。新たな段階になれば発表するという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。