野村HD:10四半期ぶりの赤字転落、欧州問題で-収益構造の改革急務

野村ホールディングスの7-9月期 の連結決算は10四半期ぶりの赤字に転落した。欧州債務問題を背景と した金融取引の低迷でトレーディングや投資銀行業務が振るわなかっ た。野村では総額12億ドル(約930億円)のコスト削減策も決めたが、 それを着実に実現した上で利益を稼ぎ出すことが課題となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。